青汁で健康元気

このサイトは青汁に注目した情報提供を行っています。

*

青汁って栄養補給に良いと言うけど、でもやっぱり味が苦手。

      2020/03/25

ユニマットリケン おいしい国産青汁+乳酸菌 3gx30包

青汁と言えば不味いものと言ったイメージが払拭されてから、かなりの年月が経ちました。

今ではジュース代わりに飲むと言った、美味しい青汁が主流となっています。

とは言えどうしても、あのえぐみが気になる、苦みが舌に残る、独特の味が苦手、と言う方もまだまだいらっしゃることでしょう。

そんな方のために、青汁を上手く摂取する方法をご紹介します.

本来の青汁の目的

最初に青汁本来の目的を、ちょっと思い出してみましょう。

青汁は食事だけでは摂り切れない栄養素を、プラスαで補給してくれる飲み物です。

青汁ダイエットなどと言う感じで使用する方もいますが、元々は食事だけで摂り切れない栄養を、加えて補給するための食品です。

最初の頃の青汁の場合、何より「足りない野菜を補う」と言った謳い文句で出ていたものです。

今の青汁はそれだけでなく、人間に必要な栄養素が様々に入った食品に進化しました。

とは言えやはり、それだけ摂取していては身体はもちません。

勿論何も食べないよりは、もしくは普通のジュースなど飲むよりは、よほど有効なのも確かです。

とは言っても出来ればきちんと食事を摂って、でも足りない栄養を補うと言った本来の目的で使用したいものですね。

青汁単品が苦手な方が実は正解

青汁を単品で、つまり水やお湯に溶かして飲むのが、ダイエットなどに使われている方法です。

また朝の忙しい時間の中で、せめて青汁だけでも飲んでから出かける、と言った用い方もされます。

と言うより、その為に青汁を使用している方が多数だと思われますが、青汁の味が苦手な方の場合これは出来ないわけです。

しかし前述しました通り、食事で足りない栄養を補給するといった、本来の目的には別の用い方をしたほうが正解なのです。

青汁をそのまま飲んで食事代わりにしたりするより、食事やおやつに上手く利用したほうが、栄養的にも健康のためにもおすすめの方法だと言う事です。

青汁がそのまま飲めないけど、でもその栄養分には惹かれるし興味もあると言う方の場合、間接的に青汁を利用してみましょう。

実はそう言う摂取の仕方の方が、元々の用途にかなっているのですから。

ある意味、味が苦手で実は正解と言う事かもしれませんね。

青汁を飲み物食べ物に利用してみる

青汁を使うことをメインに作られたレシピには、勿論多く見受けられます。

でもそこまでしっかりと作らなくても、少しだけ飲み物や食べ物に放り込むだけでも違いは出てきます。

特に味が苦手な人の場合、1日分を3食とおやつに分けてと言う考え方でどうでしょうか。

朝はかなり定番の飲み物に

定番は勿論お湯や水に溶かしてですが、それがどうも苦手な人の場合は味のある飲み物に混ぜてしまいましょう。

幸い青汁は、冷たい水にも溶ける仕様ですので、どんな飲み物でもさっと溶解してくれます。

朝牛乳を飲む時に、少しだけ青汁を加えてみましょう。

定量でなくても充分ですし、味が苦手な人は本当に少しだけ放り込みます。

牛乳だけではちょっとまだ、と言う人の場合はヨーグルトに混ぜてしまうのが良いかもしれません。

飲むヨーグルトなら、面倒も無く混ぜられます。

時間のある時でしたら、ミキサーで牛乳とバナナに青汁の粉末を混ぜてしまいましょう。

これなら青汁の味も殆ど感じられずに、しかも栄養も充分に摂ることが出来ます。

バナナでなくても、他の果物でも勿論美味しく栄養補給できますね。

昼は麺がメインと言う方に

携帯用の粉末青汁をバッグに入れておきましょう。

そして昼ご飯の時に、麺のスープにこっそりと3分の1くらい投入します。

3分の1くらいなら味にも影響は無いですし、さっと溶けてくれますので目立ちません。

麺の食事は手軽で、しかもお値段的にも財布に優しいのですが、栄養はどうしても偏ります。

食事とは別に青汁で補給に抵抗のある方は、スープに混ぜてしまえば自然に足りない栄養の補給が出来ることになります。

インスタントのコーンスープなどにも、このくらいの量でしたらどうと言うことも無く混ぜられますので、携帯用の青汁を利用してみてください。

昼ごはんはどうしても、野菜の不足が問題になってきますので、ここで活躍してもらいましょう。

おやつの時には飲み物に混ぜて

おやつの時に何か飲み物を、と言う時にはちょっと濃い目の味の物、コーヒーなどを用意しましょう。

これに青汁を、ほんの少し投入するだけです。

味に変化がない程度で、お砂糖替わりくらいの気分で入れてしまいます。

甘味の結構強い青汁の場合、これが本当に砂糖替わりになってくれますので、コーヒーなどに入れるのにはおすすめです。

紅茶などですと、色合いがちょっと微妙なことになるので、避けたほうがいいかもしれませんね。

勿論時間のある時などは、青汁の粉末を混ぜ込んだパンケーキなど焼くのも、最高のおやつになってくれることでしょう。

夕食の時もただ混ぜるだけで

レシピを調べて見ますと、青汁を使用して作ったあれこれが多く見受けられます。

どれも美味しそうですが、でもわざわざ青汁を使って作るのもなあ、とお考えの場合はここでもちょっとだけ混ぜてしまいましょう。

お魚を焼く前に、軽く振りかけておくのも手です。

シチューやカレーなどの場合、隠し味的な気分で少しだけ放り込みます。

お肉を焼く時にも、事前に塩胡椒するときに一緒に青汁の粉末も、一緒に味付けにくわえます。

勿論麺類を作る時にも、スープに隠し味として入れてしまいましょう。

また煮物を作る時の隠し味としても、ほんのちょっとだけ投入、味は解らない程度に少しだけ入れるのがコツです。

またそれほど苦手でも無いと言う方の場合、茶飯を炊く時にお茶の代わりに甘味の少ない青汁を使うと言った手もあります。

1日分を1回で飲み切らなくてもいいと言う事です

何グラムで1日分の栄養が摂れる、と書いてあると何となく、1回で摂らなくてはいけないような気分になってしまいますが、要は1日に分けて飲んでも差し支えないのです。

つまりこんな感じに、3食に分けて少しずつ食事に混ぜてしまえば、青汁の味が苦手な人でも結果、1日分摂取出来るわけですね。

特に栄養の偏りを気にして、青汁を飲みたいと言う方の場合は、通常の食事にプラスしての摂取がおすすめなわけです。

なのでつまりは、青汁の味が苦手で普通に飲むのが辛いと言う方の方が、上手くプラスαの栄養補給が出来ることになります。

少しずつ、食事やおやつ、飲み物と一緒に摂っていってみてはいかがでしょうか。

青汁が大好きな方もこの手を使ってみましょう

青汁の味は大好きで、1日に何回でも飲めると言う方も、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

特に体重の方もちょっと心配と言う方は、近頃の青汁は糖分が結構多く配合されていますので、飲み過ぎには注意ですね。

なのでここはやはり、この食事やスープに混ぜてちょっとずつ摂取と言うやり方、試してみてはいかがでしょうか。

健康的に体重管理するためには、通常の食事からの栄養も大事ですので、ここは欲張って両方摂ってしまいましょう。

飲みすぎもせず足りなさすぎもしない方法ですので、きっとダイエット中の方にも有効な手段となるでしょう。

まとめ

何が何でも1日分の栄養を補給しなくては、と真面目に頑張り過ぎては逆に疲れてしまいます。

手軽な手段で美味しく栄養補給出来る食べ物、それが青汁なのです。

味がちょっと苦手な人も無理して飲むよりも、こう言った簡単な方法で頑張り過ぎずに栄養を補給できます。

青汁がちょっと苦手だけどでも摂りたい、と言う方への合言葉は、ちょっと混ぜです。

美味しく食べて、健康な身体を作ってくださいね。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 青汁